ヒマラヤンアクティビティーズ:カトマンズ、タメルにある日本人経営トレッキング専門旅行会社
ネパール旅行・観光・ヒマラヤトレッキングなら、
カトマンズにあるトレッキング専門現地旅行会社ヒマラヤン・アクティビティーズへ。
日本人経営で安心。お気軽にお問合わせください。メールは日本語で こちら までどうぞ。
トップページ ≫ ネパールの季節と気温
年間平均気温(℃)/降水量(mm)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カトマンズ
最高気温 18 20 25 27 30 30 30 30 29 27 22 20
最低気温 2 3 6 11 15 19 19 19 17 13 7 2
降水量 35 25 20 20 140 150 330 300 230 30 10 10
 一年を通して比較的過ごしやすい。日中の体感気温を平均的な日本の気温と比べた場合、冬は暖かく、夏は湿度も低めでからっとしている。日本の猛暑ほど苦にはならない。夏は、扇風機クーラーなしでも十分過ごせるが、冬の夜、しんしんと冷える寒さは身にこたえる。安宿滞在の場合は、必ず防寒着を用意しておくべき。冬の朝、霧が発生することがしばしばあるが、雪が降ることはない。(2007年2月、60年以上ぶりにカトマンズ市内に雪がぱらつき、大ニュースになったほど)
ポカラ
最高気温 21 23 27 30 30 30 30 30 29 27 23 20
最低気温 6 8 11 15 17 19 20 20 20 16 11 7
降水量 10 10 35 50 350 550 800 750 550 200 15 10
 一年を通してカトマンズよりも暖かい。過ごしやすく温暖な気候だが、カトマンズのからっとした気候に比べると、ポカラの湿度は多少高め。雨季には蒸し暑さを感じることもあるが、日本の湿気に慣れている日本人であれば、十分適応できるし、日本の猛暑に鍛えられた体であれば、過ごしやすいぐらい。
チトワン
最高気温 24 27 33 35 36 35 33 33 33 31 28 25
最低気温 6 7 11 18 20 22 24 24 23 18 12 7
降水量 10 10 15 15 200 350 500 450 400 100 10 5
 ネパール南部に位置するチトワンは、一年を通して日中の気温は高め。しかし、冬の朝晩は冷え込みが激しい。雨季には高温多湿でかなり蒸し暑くなるが、日本の猛暑に慣れている体であれば適応できる。
東京
最高気温 12 11 15 18 22 24 30 30 27 21 17 13
最低気温 1 0 4 10 15 18 24 26 21 14 9 3
降水量 50 60 100 130 150 180 130 135 150 150 90 50
月別天候状況
1月
2月
3月  暖かくなってくる季節。市内観光なら日中は半袖でもOK。
 ヒマラヤを見る場合、短い日数のトレッキングでは、十分にその姿を拝めないことも。ナガルコット、ダンプスなどの1泊2日程度のハイキングの場合、早朝と夕方にしか見えないことも多い時期。
4月  ヒマラヤが見える確率は減ります。ナガルコット1泊程度では、ヒマラヤが見えない確率の方が高いです。
 プーンヒル、ナムチェあたりまで行っても、きれいなヒマラヤを見られるのは午前中のみ、ということも多い時期。ゴールデンウィーク期間になると、夕方からスコールが降ることが多くなります。
5月  雨季前、一年で一番暑い時期。それでも、カトマンズでは30度を超す日はそれほど多くなく、湿度も低いため、日本の蒸し暑い酷暑に比べれば過ごしやすい気候です。
6月  半ば過ぎから本格的な雨季となります。と言っても、はじめは、夜間にスコールが降る程度のことが多く、日中は晴れていることも多い季節です。
 高山植物を楽しむトレッキングなら、6月半ば過ぎからがおすすめ。
7月  雨季本番。しとしと雨が降り続くことも多い月。カトマンズやポカラ、短期トレッキング(ハイキング)コースからは、運が良くないとヒマラヤの眺望は期待できないことが多いです。運が良ければ、雨上がりの空に、他の季節には見られない、素晴らしいヒマラヤを見ることができます。
 国内線は雨天により遅延や欠航の多い月。余裕を持って計画しないとリスクを伴います。
8月  スコール的な雨が多く降る月。
 7月に引き続き、国内線の遅延欠航も多い季節。お盆休みをりようした 短い日程での滞在なら、カトマンズ周辺のみで過ごしたほうが無難かも。
9月
10月  例年、雨期が完全に明けきるのは10月初旬ごろとなることが多くなっています。トレッキングのベストシーズンは10月半ば過ぎからですが、この時期は一番込み合い、ロッジの個室が確保しにくくなります。(特に1名参加のトレッキングでは、個室確保は、宿代を多めに払っても、いくら交渉しても、非常に厳しい状況です)
 例年、ダサイン大祭がこの時期に重なります。ダサイン中は、店は閉まり、バスやタクシーの運行数は減り、旅行者にとっては不便を感じることも。親戚や家族で祝う祭りで、現地に知人がいなければ、旅行者が楽しめる祭りではありません。普通に観光するのであれば、ダサイン祭期間は避けたほうがベター。
 ダサイン祭、ティハール祭は毎年日にちが変わりますので、祭りと儀式 のページでご確認を。
11月  ネパール旅行のベストシーズン到来です。混みあうトレッキングは避けたい人には、11月半ば過ぎ頃からのトレッキングがお勧め。
 しかし例年、11月半ば頃カトマンズ〜ルクラ間連日欠航することが多いので、乾期とはいっても油断できません。
12月  中旬頃から朝霧が発生すしやすくなり、国内線運航に影響が出ます。特に年末年始は、ルクラ路線10時間待ち、マウンテンフライト数時間待ちのあげくに欠航、というようなことも過去ありました。限られた日程でトレッキングに行く場合は、国内線欠航の少ないポカラ方面、ランタン方面が無難かもしれません。
 寒くなる季節ですので、防寒対策もしっかりとしましょう。
ヒマラヤを眺めるには
 ネパールの旅行シーズンは、11月頃から翌年2月頃までとされています。この時期、雨がほとんど降らず空は澄み渡るので、ナガルコットやポカラからは、ほぼ確実にヒマラヤを眺めることができるからです。天候に恵まれれば、カトマンズからもはっきりと雪をかぶった山々を眺めることができます。
 山を眺めるだけでなく、動き回るにもちょうどいい気温なので、旅行の時期を選べるのであれば、この時期をおすすめします。
雨季の旅行
 6月頃から9月始め頃までが、ネパールの雨季になります。スコールのような雨が短時間強く降るときと、日本の梅雨のように、しとしと一日中雨が降ったり、ぐずついた天気が続いたりするときがあります。もちろん、晴れる日もあるので、この時期長期滞在できるのであれば、雨上がりの澄んだ空にそびえ立つヒマラヤを眺めることもできますが、短期滞在の場合、ヒマラヤを眺めることのできる可能性は少ないといっていいでしょう。
 また、雨季の時期には、バスや飛行機が欠航になることもあります。長距離間の陸路移動を考えている場合、がけ崩れのため長期に渡り通行止めになることもあるので、確認が必要です。どうしてもこの時期にしか休みが取れない場合、比較的雨の少ない6月始め、もしくは9月中旬以降の旅行をおすすめします。
HIMALAYAN ACTIVITIES Pvt. Ltd.
ヒマラヤン・アクティビティーズ

政府登録番号:19634/59/60
TEL : 977-1-444-4462
FAX : 977-1-444-4463
ADDRESS: G.P.O.Box 6450, Kathmandu Nepal

(C) Copyright Himalayan Activities Pvt. Ltd. All rights reserved.