ヒマラヤンアクティビティーズ:カトマンズ、タメルにある日本人経営トレッキング専門旅行会社
ネパール旅行・観光・ヒマラヤトレッキングなら、
カトマンズにあるトレッキング専門現地旅行会社ヒマラヤン・アクティビティーズへ。
日本人経営で安心。お気軽にお問合わせください。メールは日本語で こちら までどうぞ。
トップページ ≫ 国内線料金表 ≫ 国内線搭乗手続きの仕方/欠航、遅延時の対応
 ご旅行を弊社にお申し込みくださった方で、ガイドが同行しない状態で国内線を利用される場合、以下の内容をあらかじめよくご確認ください。

● はじめに ●

 
ネパールの空港では、親切なアナウンスやフライト表示板などがなく、ネパール語が出来る現地人や英語に不自由しない方、海外旅行慣れしている方でも、戸惑うことが多々あります突然のフライト遅延、欠航なども頻繁にあります。
 あらかじめ、以下の内容を覚悟、理解しておくと、よくある遅延、欠航時にもうろたえなくてすむでしょう。不安な場合は、ガイドを同行させるプランとすることをお勧めいたします。


● 空港到着時間 ●


 フライト予定時刻の
1時間前には空港に到着するようにしましょう。
 ただし、
早朝6:30発頃のマウンテンフライト便、ルクラ行便を利用される場合は、午前6時を目安に空港へ到着していれば大丈夫です。律儀に、1時間前の午前5時半頃空港へ行っても、ゲートが開いておらず、空港ビルの外で待たされることがあります。

● 搭乗手続きまでの流れ ●

(1)
 空港ビル内へ入る際、入り口にいる警備員に、国内線搭乗券およびパスポート(身分証明のため)の提示を求められる場合があります。あらかじめ用意しておくと手間取りません。

2) 空港ビル内へ入った後、まず、
国内線使用料(200ルピー)の支払いが必要となります。お釣りのないよう準備しておくことをおすすめいたします。マウンテンフライト利用時にも、国内線利用料は必要となります。支払い場所は、空港によっても異なりますが、「Airport Tax」と書いてあるカウンターをお探しください。支払い後、領収書を渡されます。

(3) 国内線使用料領収書と航空券をもって、利用航空会社のカウンターにて搭乗手続きをします。預け荷物がある場合は、この際に預けます。(刃物、ライター、爪切り、トレッキング用ストックなどは、預け荷物に入れましょう。でないと、没収され、目的地についた後も返却されません)

(4) 手続きが終わると、厚紙でできた搭乗券を渡されます。
自由席であることも多く、この場合は座席番号書かれていません。

● 搭乗手続き後〜搭乗まで ●

(1) セキュリティーチェックコーナー(男女別、更衣室のように、外から見えないよう仕切られています)へ呼ばれ、手荷物/ボディーチェックをされます。

 * 手荷物チェックの祭、刃物やライター、爪切りなどが見つかりますと、没収となります。目的地に到着しても返却されませんので、事前に預け荷物に入れておくようにしましょう

 * 稀に、ボディーチェック時に金銭や装飾品を要求される(機内持ち込みは不可だといわれ、置いていくように強要される)ことがあるようです。このような目にあった場合は、かたく拒否するか、係員の名前などを把握し訴える姿勢をとるなど、強い態度で出てみましょう。

(2) セキュリティーチェックコーナーを出た場所は、空港待合室です。お好きな場所に待機していただいてかまいませんが、なるべく搭乗口に近い場所を選ばれることよいでしょう。

(3) 搭乗が始まる際、出口(空港ビルから滑走路へ出るための出口)付近で、空港職員が便名を大声で叫んだり、カードを掲げたりします。たとえば、OY101便の場合「オーワイ、ワンツーワン!」という感じで叫びます。聞き逃さないようにご注意ください。不安な場合は、搭乗券を係員に見せ、搭乗が始まっているかどうか随時たずねることをおすすめいたします。

(4) 空港ビルを出、滑走路に止まっている飛行機そばへ移動したあと、搭乗が始まります。機体は22人乗り程度の小型機プロペラ機で、座席は左右窓側一列ずつしかありません。
自由席の場合は、お好きな席を確保できるよう、早めに機内に入ることをお勧めいたします。

 * 
カトマンズ→ポカラ間、ルクラ→カトマンズ間は右側席、ポカラ→カトマンズ間、カトマンズ→ルクラ間は左側席を選びますと、天候に恵まれればヒマラヤ山脈がきれいに見えます。

● リコンファーム ●

 カトマンズ発便は、弊社にてリコンファームを完了させたものをお客様にお渡たしいたしますが、
復路便(カトマンズ着便)に関しては、お客様によるリコンファームが必要となります。通常、宿泊先ホテルのフロントで代行してくれますので、ホテルにチェックインされる際に、復路便乗航空券を提示され、リコンファームを頼まれることをお勧めいたします。
 カトマンズ〜ルクラ間の路線を利用される場合は、信頼できるルクラのロッジに、復路分の航空券を預けておき、リコンファームを頼んでおくと安心です。


 * 航空会社による便名の勝手な変更(予約便の乗客が少ないため、
当日になって欠航扱いとし、前後の便に勝手に振り返られる、等)が頻繁に生じます。リコンファーム時に、予約どおりの便(時間帯)で間違いがないか、必ず確認してもらってください。

 * 搭乗日の朝、予定の便は欠航となっていないか、予定通り運航されるのかどうかを空港に確認してから、空港へ向かうことをお勧めいたします。

 以上のような勝手な変更について事前にわかる場合、弊社からお客様へ直接お知らせいたします。しかし、お客様のご宿泊先がわからない場合など、連絡のしようがありません。
ご自分で対処できる自信がない場合は、ガイドを同行させることを強くお勧めいたします。

● 遅延、欠航対策 ● 

 
国内線は、有視界飛行となるため、天候不良時には大幅遅延、欠航がすぐに生じます。特に、雨天、曇天、雪、強風、霧などの影響を大きく受けます。快晴時にはそれほど影響は出ませんが、どんなときでも、12時間程度の遅延は日常的です。気長に待ちましょう。

 * どの航空会社でも、機体故障による欠便、欠航なども、よく起きます。あらかじめご了承ください。

 * 私たちが扱った中での最長の遅延で、ポカラ行きで6時間遅延、ルクラ行きで10時間遅延、ということがありました。それでも、欠航となるよりは運がよいと考えるしかありません。このような大幅遅延は、特に冬季に発生します。空港は非常に寒いため、防寒対策をしっかりして空港へ向かいましょう。

 * 空港には、レストランなどもありません。非常食(クッキーなど。カトマンズ市内で10ルピー程度から購入可能です)やミネラルウォーター(1リットル20ルピー程度)を用意しておくと安心です。(なお、空港売店での価格は、市内の5倍以上となります)


● 欠航時の対応 

(1) 翌日便への振り替えを利用する場合

 
運悪く欠航が確定した場合、
通常は翌日便への振り替えとなります。追加料金は発生しません。航空会社のカウンターへ行き、航空券の日付を書き換えてもらってください。
 まれに、航
空券を購入した代理店(弊社のこと)へ行かないと日付変更できない、といわれる場合があります。この場合は、一度、弊社事務所までお越しいただくことになります。
 
支払い済み国内線使用料(170ルピー)については、返金される場合と、翌日まで有効扱いとしてくれる場合があります。どのような扱いとなるか、係員に確認してください。

(2) 翌日便への自動振り替えを利用せず、予約自体をキャンセルする場合

 天候不良、機体故障などの理由で欠航となる場合、通常、航空券代は後日購入代理店にて全額返金可能となります。ただし、航空会社のカウンターで、キャンセル手続きが完了していないと、返金額が減る場合がありますので、ご注意ください。

 
キャンセル手続きとしましては、航空会社カウンターにて、キャンセル扱いのスタンプ押してもらう必要があります。手続きを終えた航空券を持って、弊社事務所までお越しください。航空券と引き換えに、代金をお返しいたします。航空券を販売した代理店(弊社のこと)でのみ返金可能となっております。

 キャンセル状況によっては、全額返金が不可能になる場合もありますが、あらかじめご了承ください。


(3) 振り替え便をキャンセルし、他の航空会社の便を新たに買い換える場合


 手続き自体は(2)と同様です。お手持ちの航空券をキャンセルし、その場で、新たな航空券を買いなおすことも可能です。キャンセル分の航空券を弊社にて購入されている場合は、後日航空券代を返金額に応じて返金いたします。
HIMALAYAN ACTIVITIES Pvt. Ltd.
ヒマラヤン・アクティビティーズ

政府登録番号:19634/59/60
TEL : 977-1-444-4462
FAX : 977-1-444-4463
ADDRESS: G.P.O.Box 6450, Kathmandu Nepal

(C) Copyright Himalayan Activities Pvt. Ltd. All rights reserved.