ヒマラヤンアクティビティーズ:カトマンズ、タメルにある日本人経営トレッキング専門旅行会社
ネパール旅行・観光・ヒマラヤトレッキングなら、
カトマンズにあるトレッキング専門現地旅行会社ヒマラヤン・アクティビティーズへ。
日本人経営で安心。お気軽にお問合わせください。メールは日本語で こちら までどうぞ。
トップページ ≫ ネパール旅行にあると役立つ持ち物と旅行に適した服装
役立つ持ち物
日焼け止め ネパールの日差しは冬でも強い。SPF度の高い日焼け止めは必需品。その他、サングラス、帽子などもあるといい。
折り畳み傘 普通の折り畳み傘でも、日傘代わりに使える。
ゴムぞうり/サンダル  安宿に泊まる予定の人は、シャワーを浴びる際の必需品。安宿以上の宿に泊まる場合でも、部屋履き用にあると便利。(よほどの高級ホテルでない限り、部屋履き用スリッパなどはホテルに用意されていない)
常備薬 のみなれているもの、または、安心できるものを。下痢止め、胃腸薬などあると、もしもの時に役立つ。薬はネパールでも変えるが、作用が強いことが多い。
うがい薬/マスク カトマンズを歩くと、排気ガスとほこりで、すぐにのどがやられてしまう。ほこり対策に。
虫よけスプレー 夏以外でも、安宿に泊まる予定の人はあると便利。ベッドにどんな虫がひそんでいるかわからない。
蚊取り線香 ネパールの蚊に、日本製はとてもよく効く。ネパールでも10巻30ルピー(50円)ほどで買えるが、日本のものと比べて煙のにおいがキツい。
懐中電灯 ネパールは停電の多い国。いざという時に役立つ。
ウェットティッシュ 村や山の中では水は無駄にできない。レストランでおしぼり代わりにも使える。
メガネ/サングラス ネパールはほこりの多い国。目が悪い人は、コンタクトレンズよりも、メガネを使用したほうがいいかも。または、サングラスでカバーするなども手。
* ネパールトレッキングに必要な持ち物については トレッキングに必要な持ち物 のページをご覧ください。
服装
5月〜9月  半袖でOK。日本の夏に着る服装で。ただし、女性のノースリーブ、ミニスカートなど、肌を露出する服はさけたい。
 朝晩、雨降りの日などは寒くなることもあるので、長袖のシャツ、カーディガンなどがあるといい。靴は、はきなれたものを。サンダルでも涼しくていい。
10月〜11月  日本の秋の服装で。日中は半袖で十分だが、夜は冷えるので、ジャケットや長袖シャツなどの防寒着を忘れずに。特に、11月中旬を過ぎると、日中でも長袖シャツが必要になる。
12月〜2月  日中の日差しは相変わらず強いが、半袖では過ごせない。日本の冬の服装で。昼夜の気温差が激しい。昼は長袖シャツ1枚でも過ごせるが、夜はかなり冷え込む。マフラー、セーター、ジャケットなどあるといい。
 ネパールでは高級ホテル以外、暖房設備が整っていない場所が多い。安宿に泊まる予定の人は、朝晩の底冷えする寒さに耐えなくてはならない。厚手の靴下をはく、タイツをはくなど、寒さ対策はしっかりと。
3月〜4月  3月始めはまだ寒いこともあるが、日中は長袖シャツ1枚か、半袖でも過ごせる。昼夜の気温差があるので、防寒着を忘れずに。3月後半からは半袖で過ごせるようになるが、長袖シャツやカーディガン、大き目のショールなど、いつも持っておきたい。
HIMALAYAN ACTIVITIES Pvt. Ltd.
ヒマラヤン・アクティビティーズ

政府登録番号:19634/59/60
TEL : 977-1-444-4462
FAX : 977-1-444-4463
ADDRESS: G.P.O.Box 6450, Kathmandu Nepal

(C) Copyright Himalayan Activities Pvt. Ltd. All rights reserved.