ヒマラヤンアクティビティーズ:カトマンズ、タメルにある日本人経営トレッキング専門旅行会社
ネパール旅行・観光・ヒマラヤトレッキングなら、
カトマンズにあるトレッキング専門現地旅行会社ヒマラヤン・アクティビティーズへ。
日本人経営で安心。お気軽にお問合わせください。メールは日本語で こちら までどうぞ。
トップページ ≫ 覚えようネパールの言葉
覚えようネパールの言葉
第1回(04/6/9)


「ナマステ」
(Namaste)

挨拶全般に使える便利な単語
「ナマステ」(Namaste)
おなじみのこの言葉。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」「さようなら」と、あらゆる場面で使える便利な単語です。合掌しながら言うと、ていねいさが増します。

自分より明らかに目上の人に対しては、尊敬度が増す
「ナマスカール」(Namaskar)
を使うと、相手に好印象を与えます。
第2回(04/6/11)


「ダンニャバード」(Dhanyabaad)

ありがとう

「ダンニャバード」(Dhanyabaad)
「ありがとう」という意味。

しかし、この言葉をネパール人の口から聞くことはほとんどありません。実際、人に感謝を伝えるときは、言葉でよりも、頭を左右に揺らして表現します。

カトマンズなどでは、ネパール人同士でも「Thank you」と英語を使うことがいうことが多いようです。

ロイヤルネパール航空でネパール入りされる方は、機内アナウンスの最後にこの言葉を聞くことができます
第3回(04/6/13)


「ビスターラ」
(Bistaar)

ゆっくり
「ビスターラ」(Bistaar)
「ゆっくり」という意味。

トレッキングに行くと、頻繁に使うことになるこの単語。

強調形の
「ビスターライ」と言うことのほうが多いようです。

「ゆっくり、ゆっくり」は、
「ビスターライ、ビスターライ」

ネパールでは、何でも
「ビスターライ」ことが進みます。
ネパールに着いたら、忙しい日本の生活を忘れ、
「ビスターライ」精神で過ごしてみましょう。
第4回(04/6/14)


「チト」(Chito)
はやく/はやい
「チト」(Chito)
「はやく/はやい」という意味。第3回「ビスターラ」の反対語。

・レストランで一時間待ってもオーダーした品が来ないとき
「チト リャウノス ナ」(早く もって来てください な)

・タクシーの運転手に早く目的地へ行ってもらいたいとき
「チト ジャヌホス ナ(早く 行ってください な)

・何かを早くしてもらいたいとき
「チト ガルノス ナ」(早く してください な)

*「ナ」はにほんごの「な」のニュアンスと同じで、最後につけることで、命令形の表現をやわらかく言い換える役目をします。つけなくてもOK。


このまま覚えて使えますが、覚えられない場合は
「チト!チト!」(早く!早く!)と言えば、急いでいることを充分相手にわかってもらえます。
第5回(04/6/17)


「パニ」(Paani)
雨/水
「パニ」(Paani)
「雨/水」という意味。

ー雨ー
雨季中には
「パニ」(雨)がたくさん降ります。雨が降リはじめたとき、「雨が降ってきたねえ」というニュアンスで「パニ ポリョ」(Paani Paryo)と言っているのをよく耳にします。

ー水ー
レストランなどで「パニ」(水)がほしいときは、パニ ディノス (Paani Dinos)=水を ください、といえばOK。でも、ただの「パニ」(水)を頼むと、沸かしていない水が出てくる場合があります。

雨季中は感染症が流行りやすいため、まるべく
「ミネラルウォーター」(英語のまま通じる)か、「ウマレコ パニ」(沸かした水=お湯)を頼むようにしましょう。

・ ・ ・

「チソ パニ」(Chiso Paani)
=冷たい 水
「タト パニ」(Tato Paani)=暖かい 水(お湯)
「ウマレコ パニ」(Umaleko Paani)=沸かした 水(お湯)
第6回(04/6/22)


「ダル・バート」
(Dal Bhaat)

ご飯・豆のスープ

「タルカリ」
(Tarkari)
野菜のカレー味おかず

「アチャール」
(Achaar)

漬物/ソース
「ダル・バート」「タルカリ」「アチャール」
(Dal Bhaat)(Tarkari)(Achaar)

ネパールの家庭料理/定食。しいて訳すと、
「ご飯・豆のスープ」「野菜のカレー味おかず」「漬物/ソース」


ネパールの食事は基本的に1日2食。毎回この
「ダルバート」「タルカリ」「アチャール」を食べます。

ネパールレストランで注文しても食べることができますが、一番おいしいのは家庭の味。それが無理ならローカルレストランの味。

現地で知り合いができたら、言ってみましょう。
「ダルバート カナ マン ラグチャ」
(Dal Bhaat Khaana Man Lagcha)

=ダルバート 食べたいなあ

ローカルレストランで注文するときは、
「ダルバート ディノス」(Dal Bhaat Dinos)
「ネパリ カナ ディノス」(Nepali Khaanaa Dinos)

=ダルバート ください。

「ネパリ カナ」(Nepali Khaanaa)=ネパールの食事
第7回(04/6/26)


「チャ」(Chha)
あります(肯定)

「チャイナ」
(Chhaina)
ありません(否定)
「チャ」(Chha) / 「チャイナ」(Chhaina)
あります(肯定) / ありません(否定)

「○○ チャ?」=○○ ありますか?(○○ ある?)

レストランで、ネパール定食「ダルバート」(第6回既出)があるかどうか、店員に確かめたいとき。
「ダルバート チャ?」=ダルバート ありますか?
                 (ダルバート ある?)

店で、水(第5回既出)があるかどうかたずねるとき。
「パニ チャ?」=水 ありますか?(水 ある?)

店員に、
「チャ」と言われれば、「ある」ということ。「チャイナ」と言われれば、「ない」ということ。

物売りにしつこくついてこられたとき。次のように言って遮ることも。
「パイサ チャイナ」=お金 ありません。(金 ないよ)
第8回(04/6/29)


「ダヒ」(Dahi) 
ヨーグルト


「チウラ」(Chiura)
乾し米
「ダヒ」(Dahi) / 「チウラ」(Chiura)
ヨーグルト / 乾し米

今日はヨーグルトと乾し米を食べる日です」
=
「アジャ ダヒ ラ チウラ カネ ディン ホ
を分解してネパール語と当てはめると次のようになります。
今日 アジャ(aaj)
×
ヨーグルト ダヒ(dahi)
ラ(ra)
乾し米 チウラ(chiura)
×
食べる カネ(khane)
ディン(din)
です ホ(ho)
第9回(04/7/2)


「ガルミ」(garmi)
暑い


「シタル」(shital)
涼しい

「ジャロ」(jado)
寒い
「ガルミ」(garmi) /「シタル」(shital)/「ジャロ」(jado)
暑い / 涼しい / 寒い

ここ何日か、雨(パニ)の降らない、暑い(ガルミ)日が続いていましたが、久しぶりのスコールで、少し涼しく(シッタル)なりました。

「ガルミ チャ」(garmi chha)
=暑い です
「シタル チャ」(shital chha)=涼しい です
「ジャロ チャ」(jado chha)=寒い です

一番最初に、とても/すごく、という意味のある
「エクダム」(ekdam)をつけると、より一層感じが伝わります。

「エクダム ガルミ チャ」(ekdam garmi chha)

=すっごく 暑い ねえ
第9回(04/7/7)


「ジャンマ ディンコ 
シュバ カマナ」
(Janma Dinko 
Shubha Kaamanaa)
お誕生日おめでとう
「ジャンマ ディンコ シュバ カマナ」
(Janma Dinko Shubha Kaamanaa)
お誕生日おめでとう

(分析すると)
「ジャンマ」(Janma)=誕生/「ディン」(Din)=日/「コ」(Ko)=の/「シュバ カマナ」(Shubha Kaamanaa)=おめでとう(意訳)
第10回(04/7/11)


「ツナブ」(chunab)
選挙
「ツナブ」(chunab)=選挙

日本では、参議院選挙の今日。「ツナブ」、行きましたか?
第11回(04/7/15)


「プジャ」(Puja)
礼拝、お祈り

「ティカ」(Tika)
礼拝、お祈りの後、おでこにつける赤い印
「プジャ」(Puja)=礼拝、お祈り
「ティカ」(Tika)=礼拝、お祈りの後、おでこにつける赤い印

早朝、街を散歩してみましょう。街のいたるところにある、神を祀ってある祠(ほこら)のような場所で、
「プジャ」をする人の姿を見る事ができます。観光地ともなっている寺院でも、「プジャ」をする庶民の姿を見る事ができるでしょう。「プジャ」が終ると、おでこに赤い粉をつけます。これが、「ティカ」です。

「ティカ」は、女性がオシャレをするためにも用います。シール状になっている、様々な種類のものが手に入ります。
第12回(04/7/19)


「バンダ」(Banda)
ストライキ、閉鎖、閉める、閉じる
「バンダ」(Banda)=ストライキ、閉鎖、閉める、閉じる

日々のカトマンズ情報 でも、
一時期頻出していた「バンダ」。ストライキのことをいっていました。

「フェリ バンダ?」(Feri Banda?)
=また ストライキ?
ウンザリ気味でいうと、「またストかよ〜」という雰囲気が出ます。そのほか、
「バンダ」には、閉める、閉じる、というような意味もあります。

「パサル バンダ チャ」(Pasal Banda Chha)
=店が 閉まっている

「ドカ バンダ ガルノス」(Dhokaa Banda Garnos)
=ドア 閉めてください。
第13回(04/7/25)


「ラムロ」(Raamro)
よい、きれい、等
「ラムロ」(Raamro)=よい、きれい等

ほめ言葉として使える便利な単語。

英語で言うと、Good!、Nice!に相当する部分でも使えます。
第14回(04/8/4)


「バッティ ガヨ」
(Batti Gayo)
=電気が 消えた
 停電だ(両方意訳)
「バッティ ガヨ」(Batti Gayo)
=電気が 消えた/停電だ(両方意訳)

突然停電になると、人々はよくこういいます。
「ラー、バッティ ガヨ」(La, Batti Gayo)
=あー、電気が きえた

バッティ=電気
ガヨ=「行く」という動詞の過去形
第15回(04/8/21)

「キナ?」(Kina)
=なぜ? なんで?
「キナ?」(Kina)
=なぜ? なんで?(Why?)

納得がいかないとき使ってみましょう。
第16回(04/9/1)

「ジュルース」
または
「ズルース」
(Julus)
=デモ、抗議行動
「ジュルース」または「ズルース」(Julus)
=デモ、抗議行動

「ジュルーが行われると、市内の交通が麻痺することがあります。
第17回(04/9/25)

「ダサイン」
=ネパール最大の祭の名前
「ダサイン」=ネパール最大の祭の名前

毎年秋に祝われる、約10日続くネパール最大の祭りを「ダサイン」といいいます。ヒンドゥ教の女神、『ドゥルガ神』にまつわるお祭です。
第18回(04/10/14)

「チャンガ」(Changa)
=凧

「ピン」(Ping)
=(竹と縄で作った)ブランコ
「チャンガ」(Changa)=凧
「ピン」(Ping)=(竹と縄で作った)ブランコ

ダサイン祭の期間、子どもは凧あげをします。そして、この祭りの間だけ広場に登場するブランコで遊びます。長い竹と、太い縄で作られたブランコにのって、誰が一番高くこげるか競います。
第19 回(04/11/11)

「デウシ」(Deushi)

「バイリ」(Bhaili)
「デウシ」(Deushi)/「バイリ」(Bhaili)

日本語の適訳はありませんが、ティハールの期間、ラクシュミプジャ(今年は11月12日)の夜から、子供たちが歌を歌ったり、踊りを踊ったりしながら他人の家をまわり、おひねりをもらう習慣です。

前々から練習し、衣装をそろえて知人の家を周る子供もいれば、大きい10代の子になると、トラックを借りきり、荷台をステージのようにセットし、バンドを組んで演奏しながら他人の家をまわるグループもいます。

タメルなどの旅行者街でも、ホテルをまわる子供たちの姿が見られるでしょう。

デウシやバイリを楽しませてもらったら、ケチらないでおひねりをあげましょうね。
第20 回(04/11/15)

「ラマイロ ラギョ」
(Ramailo Lagyo)

=楽しかった
「ラマイロ ラギョ」(Ramailo Lagyo)
=楽しかった

ティハールどうでしたか?
(ティハール コスト ラギョ?/Tihar Kasto Lagyo?)

すっごく 楽しかった!
(エクダム ラマイロ ラギョ!/Ekdam Ramailo Lagyo!)

* * *

トレッキング どうでしたか?
(トレッキング コスト ラギョ?/Trekking Kasto Lagyo?)

すっごく 楽しかった!
(エクダム ラマイロ ラギョ!/Ekdam Ramailo Lagyo!)
第21 回(04/12/13)

「ジャド(ジャロ) バヨ」(Jado Bhayo)
=寒くなった
寒くなりましたねえ
「ジャド(ジャロ) バヨ」(Jado Bhayo)
=寒くなった/寒くなりましたねえ

12月も半ばに入り、カトマンズも寒くなりました(ジャド バヨ)。
第22 回(05/1/1)

「ナヤ バルサ コ シュバ カマナ」
(Naya Barsha Ko Shubha Kamana)

=新しい年 おめでとう(明けましておめでとう)
「ナヤ バルサ コ シュバ カマナ」
(Naya Barsha Ko Shubha Kamana)

=新しい年 おめでとう(明けましておめでとう)

ネパールで『明けましておめでとう』を使うのは、4月半ば、ビクラム暦の新年時ですが、西暦の新年、明けましておめでとうございます。
第23 回(05/1/26)

「アルチ」(Alchi)
=めんどうくさい
「アルチ」(Alchi)=めんどうくさい

半月以上ぶりのネパール語更新。次の言葉を考えるのが 
アルチ だったから?

アルチ バヨ (Alchi Bhayo)
アルチ ラギョ (Alchi Lagyo)


上記2つ、いずれも、『めんどうくさくなっちゃった』というような意味の文です。
第24 回(05/2/3)

「サンコットカール」
(Sankat Kal)

=国家非常事態宣言
 (State of  Emergency)
「サンコットカール」(Sankat Kal)
=国家非常事態宣言 (State of  Emergency)

2月1日よりまた出されてしまいました。非常事態宣言。
サンコットカール発令中には、5人以上の会合が禁止されます。
第25 回(05/3/9)

「ハジュール」(hajur)
=はい(返事)/あなた様
「ハジュール」(hajur)
=はい(返事)/あなた様

ネパール語が分からなくても、ネパール人がよく「ハジュー」とか「アジュー」とか言っているのは何となく聞き取れるはず。簡単に言えば、日本語で言う返事の「ハイ」の意味と同じです。


相手の話が聞き取れないとき、「ハジュール?」(日本語で「ハイ?」)、自分の名前を呼ばれたとき、「ハジュール」(日本語で「ハイ」)、その後の会話が続かなくても、とりあえず使える一言です。


また、この「ハジュール」には「あなた様」というような意味もあります。「あなたの 名前は なん ですか?」という意味のネパール語「タパイコ ナーム ケ ホ?」を覚えてネパール入りする旅行者も多いですが、一歩上手を行くには、次の文も使えます。

「ハジュールコ シュバ ナーム ケ ホ?」
あなたの 御 名前は なん ですか?

自分よりも明らかに目上の人に使います。
第26回(05/5/1)

「タカイ ラギョ」(Thakai Lagyo)
=疲れました
「タカイ ラギョ」(Thakai Lagyo)
=疲れました

何もかもがおもしろくて、きょろきょろしながら街を散策していると、
夜にはぐったり疲れてしまったりするものです。そんな時に一言。

タカイ ラギョ = 疲れた〜!
第27回(05/6/5)

「ビジョ」(Bhijyo)
=濡れた
「ビジョ」(Bhijyo)=濡れた

雨期に入ると、観光中に突然天候が変わり雨が降り始めることなどもあります。

ああ、雨にぬれて、服がぬれちゃった。『ぬれちゃったよ〜』と言いたい時に使える言葉。

『ビジョ〜』=ぬれちゃったよ〜
『ビジョビジョ』と2回繰り返してもOK。

日本語の『びちょびちょ』とネパール語の『ビジョビジョ』似ていて覚えやすいですね。
第28回(05/7/1)

「ヒロ」(Hilo)
=泥
「ヒロ」(Hilo)=泥

雨期に入りました。水はけの悪いカトマンズの道では、少し雨が降ると、池のように大きい水たまりができることもあります。そして、その周りは、どろどろのぬかるみになって、歩きにくなります。

「どろどろのぬかるみ」や「泥」のことを『ヒロ』といいます。ドロとヒロ、似ていますね。
第29回(05/8/12)

「ジュガ」(Juga)
=蛭(ヒル)
「ジュガ」(Juga)=蛭(ヒル)

雨期中トレッキングに行くと、悩まされるのが「ジュガ(蛭)」。いつの間にか、気づかないうちに靴下の中に入りこみ、血を吸っていた、というようなこともしばしば。

ガイドやポーターたちのジュガ対策として、塩(ネパール語ではヌン)を靴や靴下の周りにすりつける、という方法もあります。
第30回(05/10/11)

「カシ」(Kashi)
=去勢ヤギ


「ボコ」(Boko)
=去勢していないヤギ
「カシ」(Kashi)=去勢ヤギ
「ボコ」(Boko)
=去勢していないヤギ

毎年この時期にある、ヒンドゥ教最大の祭「ダサイン」。8日目には、ドゥルガ女神に生け贄を捧げます。このとき、生け贄となるのが、「カシ」や「ボコ」。去勢していない「ボコ」は、少しクサイです。
第31回(06/1/3)

「チャク」(Chaku)
=黒砂糖

「ギウ」(ghyu)
=バター

「タルル」(Tarul)
=長いも
「チャク」(Chaku)=黒砂糖
「ギウ」(ghyu)
=バター
「タルル」(Tarul)=長いも

ビクラム暦の10月1日(2006年1月14日)、上記の食べ物を食べる習慣があります。長いも(とろろ芋)を『タルル』というなんて、日本と似ていますね。
第32回(06/1/22)

「カーフュー」(Curfew)
=外出禁止令
「カーフュー」(Curfew)=外出禁止令

今回は、ネパール語ではなく、『ネパール語』になっている『英語』です。外出禁止令のことは、ネパール人も英語の『カーフュー』を使います。いつ、外出禁止令が出てもおかしくない選挙前後のこの時期。この単語は覚えておいて損はありません!
第33回(06/4/15)

「シャンタ(サンタ)」
(Shanta)
=平和
「シャンタ(サンタ)」(Shanta)=平和

政情不安定な状況が続いているネパール。一般生活にはそれほど影響はありませんが、外から見ると危ない国に見えてしまっているのが、残念なところです。早くネパールにシャンタ(平和)が訪れますように!
第34回(06/5/24)

「バイハルチャニ」
(bai haalcha ni)
(意訳の場合)↓ 
そんなの簡単簡単!/おちゃのこさいさい!/まっかせておけ!
「バイハルチャニ」(bai haalcha ni)
(意訳の場合)↓ 
そんなの簡単簡単!/おちゃのこさいさい!/まっかせておけ!


後先のことを考えずに、なんでもホイホイ返事をしてしまうネパール人。無理なお願いでも、深刻なお願いでも、重要性をそれほど意識せずに、『
バイハルチャニ!』と笑顔で何でも引き受けてしまいます。

たとえば、、、旅行中、服の仕立てを頼み、日程の関係上明日の朝までに大至急で仕上げてもらいたいとします。物理的に間に合わないような時間でも、こちらの人は言います。『
バイハルチャニ!』でも、やっぱり、間に合うわけがありません(笑)。
第35回(06/7/4)

「ビサウン ハイ」(bisaoun hai)
(意訳)↓ 
荷物降ろして、休んでいきなさいよ。
「ビサウン ハイ」(bisaoun hai)
(意訳)↓ 
荷物降ろして、休んでいきなさいよ。

トレッキング道中、茶屋やロッジを通り過ぎるときによく聞く、「休んでいきなさいよ」という意味のフレーズ。シーズン中ですと、ロッジの人も忙しくて客にも
かまっていられない状態のこともありますが、オフシーズン中のこの時期トレッキングに出かけると、ロッジを通り過ぎるたびに、聞くことが出来ます。
第36回(06/8/11)

「バーダル」
Baadal → 雲
Baa(n)dar → 猿
「バーダル」Baadal → 雲/Baa(n)dar → 猿
 
末尾の音がエル(L)かアール(R)と違うだけで、意味が異なります。
HIMALAYAN ACTIVITIES Pvt. Ltd.
ヒマラヤン・アクティビティーズ

政府登録番号:19634/59/60
TEL : 977-1-444-4462
FAX : 977-1-444-4463
ADDRESS: G.P.O.Box 6450, Kathmandu Nepal

(C) Copyright Himalayan Activities Pvt. Ltd. All rights reserved.