ヒマラヤンアクティビティーズ:カトマンズ、タメルにある日本人経営トレッキング専門旅行会社
ネパール旅行・観光・ヒマラヤトレッキングなら、
カトマンズにあるトレッキング専門現地旅行会社ヒマラヤン・アクティビティーズへ。
日本人経営で安心。お気軽にお問合わせください。メールは日本語で こちら までどうぞ。
トップページ ≫ ネパールトレッキングの持ち物
● 一般装備 ●
ザック小  荷物の量にもよるが、大きな荷物はポーターに預ける場合、小さなザックに貴重品、非常食、水等を入れて自分で持つことになる。肩掛けバッグはやめ、背中で背負えるザックにすること。
ザック大  荷物の量にもよるが、1週間以上のトレッキングの場合は、50リットル以上となることが多い。ポーターに荷物を預けるときには、このザックに入れて渡すと便利。ない場合はスポーツバッグのようなものでも可。いずれにしても、汚れてもかまわないもので。
ザックカバー  防水性のものがあると良い。
シュラフ(寝袋)  4000m以上へ行く場合は必須。ダウンのシュラフで、0度以下対応のものが良い。
 4000m以下のトレッキングの場合は、なくても何とかしのげることもあるが、冬季は寒くて夜眠れないこともあるのであったほうが無難。
 4月〜8月の夏場は、4000m以下の場合は、なくてもいけるが、不安な場合はあったほうがよい。この場合は夏山用でも可。
 自分のものがある場合は、必ず持参すること。ネパールでもレンタル可能(質にもよるがレンタル料1日100〜200円程度)だが、清潔でないことが多い。
 ガイドやポーターは、シュラフのことを英語でSleeping Bag(スリーピングバッグ)と呼ぶ。こちらの言い方のほうが、現地の人には通じやすい。
シュラフカバー
登山or
トレッキングシューズ
 足首までカバーでき、防水性があり、すべりにくい履き慣れたものを。
 夏場、低い場所での山歩きならスニーカーでも大丈夫なコースもあるが、すべりにくく、防水性があるものがよい。
サンダル  ロッジで休むとき、シャワールームを利用するときなど、ぬれても良いサンダルがあると便利。
雨具  防寒着、風除けも兼ねられる、上下別だと使い勝手がよい。
 現地のポーターなどは、大きめのゴミ袋の片側を裂いたようなビニール製蓑(みの)を頭からかぶることも多い。安価で購入かなので、短い日数のトレッキングなら、こういうものを利用してもよいかも。
ストック お好みで。トレッキング中に、木製の杖を200ルピー程度(約400円程度)で購入できることもあるので、記念に買っても良いかも。邪魔にはなるが。
水筒/テルモス 、アンナプルナルートではペットボトル入りミネラルウォーターを購入できないところが多いので、水筒類がないと困る。
 夜寝る前、テルモスにお湯を入れ、外側をタオルで巻けば、寒いときの湯たんぽ代わりにもなる。翌朝はその水で顔を洗える。
懐中電灯o
rヘッドランプ
 ロッジには、部屋に電気が引かれていないところも多い。夜中、トイレに行く際には、懐中電灯がないと危ない。ヘッドランプだと手もあき便利。
 寒い場所では電池の消耗も激しいので、予備の電池も忘れずに。
ホカロン  10〜3月頃に4000mを超える場所まで行く場合は、あると役立つ。
マスク  乾燥、埃よけに。ただし、スカーフ、大判ハンカチなどでも代用可。ただし、標高が高い場所では、マスクをするとますます息苦しくなるので、注意。
サングラス  冬も夏も、日差しは非常に強い。
    
● 衣類 ●
ダウンジャケット 10〜3月頃までに4000m以上へ行く場合は必須。
ダウンパンツ あれば持参。なければズボン、パンツ、スパッツ類を重ね着してしのぐ。
ズボン/パンツ  伸縮性があり、汗をかいても乾きやすいものだとよい。寒いときは重ね着して防寒性も高められるようにする。
スパッツ  
セーター/フリース  かさばらず、防寒性のあるものを。
長袖シャツ  冬は暖かく防寒性のあるものを。夏は、半袖Tシャツの上から着られる、薄手のものもあると虫除け、日差しよけになってよい。
Tシャツ  冬でも、3000m程度の場所までは日差しが強く半袖Tシャツで十分歩けることが多い。
下着  洗濯が出来ないことが多いので、100均の使い捨て紙パンツを日本から用意して来られた方もいた。
靴下
手袋  冬は防寒性のあるものを。夏は、軍手程度でもOK。
帽子  冬は毛やフリースの防寒性のあるものを。同時に、日よけも出来るつばのある防止もあるとよい。(特に夏場)
    
● 洗面道具類 ●
タオル  ロッジの部屋にはタオルは通常ついていない。
洗面道具  歯ブラシセット、石鹸等。
 毎日熱いシャワーを浴びられるわけではないので、気になる人は、水のいらないシャンプー、体拭き用のウェットティッシュ(アルコール綿)などを各自用意すること。
 女性で、お尻に気持ち悪さを感じる人は、市販の『赤ちゃんのお尻拭き』などを持ってくると役立つ。カトマンズ内大手スーパーでも購入可。
    
● 化粧品、医薬品類 ●
生理用品  女性で生理日と重なりそうな場合は、必ず持ってくること。ネパールでも購入可能だが、高い割には、質はあまりよくない。タンポン類は品薄。あっても、糸が切れそうで怖くて使いたくない。使い慣れたものが安心。
トイレットペーパー  ロッジのトイレにはありません。カトマンズでも調達可ですが、日本で買うほうが安いかも。
日焼け止め  焼けたい場合は不要だが、日差しが半端ではなく強いので、塗っていないと大変なことになる。
リップクリーム  UV効果のあるものだとよいかも。
保湿液/クリーム類  冬は特に乾燥している。
下痢止め薬  ロッジの食事で胃腸をやられる人は多い。必須。
高山病の薬  ダイアモックスはネパールで、医師の処方箋無に薬局で安価に購入可。
虫除け/虫刺され薬  冬はそれほど心配ないが、夏は、低地では蚊やヒルに悩まされることがある。
その他医薬品  外傷薬、解熱剤、胃腸薬、持病の薬等、慣れたものがあるとよい。ネパールの薬は強すぎることが多い。
    
● その他 ●
マスク 土ぼこりや冷気で喉をいためやすいため、予防に。高地では、マスクをするとさらに息苦しくなり、使用したくてもできないこともあるが、あると安心。(カトマンズ滞在中も、排気ガスよけに重宝する)
地図
ガイドブック
 地図はネパールで購入可。物にもよるがトレッキング各エリアの地図が、一冊500円〜600円程度。
筆記用具
現金  ネパールルピーの現金を。弊社のパッケージトレッキングに申し込まれる場合は、個人的に必要になる費用以外は、たいてい含まれるので、大金を持たなくても大丈夫。それでも5000ルピーほどのネパールルピーと、非常時用(体調が悪くなり、臨時で、自分を背負ってくれる人のポーターを複数雇うような事態になることも稀に起こり得る)のUSドル現金はある程度持っておいたほうが安心。
嗜好品 あったほうがよいものは、トレッキングに役立つ情報 のページ参照。
朝出発し、昼頃には目的地についていることが多く、午後時間を持て余すこともある。文庫本を用意しておくと、荷物にもならず、時間もつぶせて役立つ。
 ザック、ダウンジャケット、ストック、シュラフ他、トレッキング装備品一般は、ネパールでもレンタル可能です。レンタル品、質にもよりますが、レンタル料はいずれも1品1日100〜200円程度です。
 しかし、レンタル屋で調達する、衣類・シュラフ等は管理が悪く、臭うことがありますので、ご自分のものがある場合は持参されるのが一番です。
 弊社でも、寝袋、ストックについては貸し出していますが、貸し出し数が少ないため、基本的にはレンタル屋をご紹介しております。
 トレッキングに不要な荷物は、カトマンズ、ポカラのホテルにて無料で預かってもらうことが出来ます(貴重品以外)。原則として、トレッキングの前後に、同じホテルを利用する場合です。
HIMALAYAN ACTIVITIES Pvt. Ltd.
ヒマラヤン・アクティビティーズ

政府登録番号:19634/59/60
TEL : 977-1-444-4462
FAX : 977-1-444-4463
ADDRESS: G.P.O.Box 6450, Kathmandu Nepal

(C) Copyright Himalayan Activities Pvt. Ltd. All rights reserved.