弊社からのお迎えを利用される方へ

  1. 事前にお迎え方法詳細についてご連絡しております。そちらをご確認ください。
  2. 弊社スタッフ以外の方と空港で会うご予定がある場合、先にそちらへ行かれてしまいますと、弊社スタッフを見つけていただけなくなる心配があります。弊社スタッフは、事前にご連絡している通り、到着ターミナルビルから出てくるお客様に向かって、お客様のご氏名を書いた紙を広げお待ちしています。お客様が一度ターミナルビルから出てしまいますと、お客様を見つけることは困難になります。
  3.  空港内では、私たちのスタッフのアシスタントのようなフリをして、荷物を勝手に運び、チップを要求する人たちが大勢います。よくわからないネパール人に荷物を渡したり、後についていったりしないよう、くれぐれもお気をつけください。少しでも心をゆすると、後からチップを要求してきますので、お気をつけください。
  4. 気づいたら荷物を勝手に運ばれてチップを要求されてしまった、という場合は、仕方がありませんので、ネパールルピーの小額紙幣がある場合は、50ルピー程度、米ドルしかない場合は、1ドル程度をわたし、追い払うようにしましょう。

写真で説明!カトマンズ空港到着→弊社スタッフに会うまで

①タイ国際航空(TG319便)にてカトマンズ、トリブバン空港到着。


②歩いて空港ビル内へ移動し、ビザ申請カウンターへ向かいます。

 

記念撮影もいいですが、急いでカウンターに並んでくださいね。でないと、混雑具合によっては1時間以上待たされることがあります。


③ビザ申請カウンター。このときはちょうど停電していて薄暗かったです(笑)。

 


④ビザ取得できたら、1階のターンテーブルへ移動。

 

移動途中、目的のよくわからない、手荷物X線検査があります。係員は、何かのギャグかと思えるぐらいにふんぞり返って椅子に座り、ふかしタバコで他の職員とおしゃべりに夢中だったことも(最近はネパールでもコンプライアンス云々でそういう職員も減ったかな)。

 

検査スクリーンを見ている様子はなし。いったいこの検査に何の意味があるのか、いつ見ても不思議に思います。

 

ターンテーブルですが、荷物が出てこないと思ってずっと待っていたら、ホールの隅のほうに勝手におろされて積まれていた、ということもありますので、お気を付けください。


⑤荷物を受け取ったら、建物外に出るだけ。途中、またX線検査がありますが、対象になるのはネパール人だけ。ネパール人に似ていると、職員に『荷物を置け』と、あごで指示されることもあります。そういうときは、『ネパール人ではない!』ということを主張してください。検査なしで通過できます。

 

向かって左には両替所がありますが、今すぐネパールルピーの現金が必要になる場合以外は、市内で替えてもよいでしょう。空港内の両替書では、余計な手数料を取られます。


⑥上記写真の奥に見えていた出口。

 

写真でもわかるかと思いますが、とにかく、人の多いこと。客引きや、物乞いも多く、あっけに取られている間に、見知らぬ現地人に勝手に荷物を運ばれ、後でチップを強要されたりもしますから、気を引き締めて出てください。

 

弊社からのお迎えがつく場合、この人ごみの中に、スタッフがいますので、お探しください。事前にご連絡しているネームカードを掲げてお待ちしています。


⑦上記出口をさらに進んで、今度こそ本当に建物の外に出ます。

 

日本人をターゲットにし、日本語で営業トークをしかけてくる旅行会社が多いのはこのあたりです。かかわりたくなければ 無視しましょう。

 

それでは、楽しいネパール旅行を!しつこいですが、荷物には十分注意してください。


※上記画像は2005年に撮影したものです(古!)。コロナ禍で国際線運航が止まっている2020年中に大リニューアルされ、到着ターミナルはだいぶ変わっています。いつか管理者自身が利用できる日がくれば更新いたします。(2021年5月時点で、再度の国際線停止措置および、日本への入国規制強化により、しばらくはネパール国外に出る予定も国際線利用予定もありませんが、、、)