トレッキング中のあれこれ

トレッキング中の過ごし方のイメージがわかず不安な方のため、トレッキング中のいろいろをまとめてみました。

 

1.食事

 →朝昼夕食・休憩時
 →おいしいメニューは?

 →和食でないとダメな方は

 →ロッジで自炊は可か否か


2.トイレ

 
3.ロッジ

 

4.電気・ネット事情

 

5.チップ

 →チップの習慣はある?

 →相場は?

 →余談

 


1.食事

食事を含むプランのお申し込みの場合は、食事は宿泊ロッジおよび休憩ロッジで、メニューの中からお好きな物をお選びいただけます(一部メニューを除く)。ロッジでは、注文を受けてから食材調達することもあり、出来上がるまで時間がかかることも多いため、余裕をもって注文してください。 

 

朝昼夕食・休憩時

朝:出発前、宿泊したロッジでおとりいただきます。前夜のうちに注文し、おおよその食事予定時刻も指定しておきます。ただし、朝食には「ダルバート」は用意していないロッジが多いためご了承ください。調理に時間のかかるメニューも注文不可であることが多いです。

 

昼:通常は、昼食時には宿泊予定のロッジに到着していることが多く、のんびり注文していただくことが多いです。しかし、昼食後も食後も行動予定の場合は、みなが同じメニューを注文されるとスムーズです。

 

夕:宿泊ロッジ着後すぐに注文しておきましょう。おおよその食事予定時刻も指定しておきます。

 

休憩時:トレッキング中、次の目的地に到着するまで2~3回休憩を取ります。道中の茶屋(ロッジ)を利用します。ブラックティーまたはミルクティーをご提供しています。ブラックティーといっても通常砂糖入りですので、砂糖なしがよい場合は、事前にガイドにお伝えください。

 

おいしいメニューは?

どのロッジでも、ネパール料理以外にも様々なメニューをそろえています。日本人トレッカーに比較的ウケがいいのは次のメニューです。 

  • チベタンブレッド(チベット風パン)
  • チャパティ/ロティ(発酵させていないナンのようなもの)
  • ボイルド・ポテト(茹でジャガイモ)
    →ネパールのジャガイモはどんな調理法でもとてもおいしいです。
    →茹でただけのものは濃い味を受け付けなくなった時におすすめです。
  • チョプシー(Chopsuey:かた焼きあんかけそば風のもの)
    →日本で食べる『かた焼きあんかけそば』のような感じです。 たいてい『アメリカン・チョプシー』と『チャイニーズ・チョプシー』の2種類があります。アメリカンはケチャップ味、チャイニーズは塩味となります。
  • ピザ
    →注文を受けてから生地を作り、トマトソース等も手づくり。チーズは、現地でヤクチーズを作っているルートもあり、すべてが新鮮です。
    →以前筆者がランタンで食べたピザは、アブラ菜炒めの上にチーズが乗っているだけのものでしたが、これはこれでシンプルで美味しかったです。
  • ダルバート(ネパール定食)
    →ガイドやポーターが必ず食べる食事のため、食材の回転も速く新鮮です。

和食でないとダメな方は

日本食でないとダメ、という方は、フリーズドライ製品、携帯用しょうゆ、フリカケ類、お茶漬けの素などをお持ちになるとよいでしょう。ネパールでも主食は米ですので、トレッキングルート上では、ご飯は一応注文できます。タイ米のようにパサパサしていますが、しょうゆやフリカケ、お茶漬けの素などでごまかしながらお口に入れることは可能かと思います。

 

ロッジで自炊は可か否か

結論から言うと不可です。木造建築のロッジが多く、火事になることを防ぐために禁止しているところがほとんどです。「自炊禁止」「屋内でのガス利用禁止」の貼り紙があるところも多いです。

 

また、ロッジは、宿泊客が飲食をしてくれて初めて利益が出ますので、食事を利用しないお客様を好みません。食事を注文されない場合の宿泊料金は通常の倍以上の設定となっており、注意書きが貼り出してあるか、メニューに記載があるところがほとんどです。

 


2.トイレ

トイレは共用となり、屋外の別棟にぼっとん便所が設置されているロッジが多いですが、新しいロッジでは客室内に様式トイレを設置しているところもあります。

 

 

しかし、水タンクのレバーを押しても水が流れなかったり。便座がなかったり、水回りが穢かったりと、部屋にそういう使えないトイレがあるよりかは、別棟にある共用ぼっとん便所のほうが使い勝手が良いことも多いです。(筆者も、部屋に汚いトイレがあるくらいなら、共用を使いたいタイプです)

 

トイレットペーパーは常備していないトイレも多いため、持参されることをお勧めします。また使用後は流さず、添え置きの汚物入れに捨てるようにします。流すと詰まることがあります。

 

持参するトイレットペーパーは、かさばらないように芯を抜いてつぶし、芯があった場所に紐を通して首から掛けられるようにしておくと、用を足す際、手がふさがらず便利です。(筆者は、トレッキングに限らず、ネパール国内どこに行くときにもこのようにして持参します)

 

ぼっとん便所には、隅に汲み置きの水が置かれており、これを流すことができます。本来はこの水は、用足し後トイレットペーパーを使わず、左手を使い直にお尻を流す流すネパール人向けに用意されています。

 

ただし、冬季は汲み置きの水が凍っていることもあるので、用足し前に確認するとよいでしょう。

 


3.ロッジ

一般的に、造りは非常にシンプル、客室には幅の狭いベッドがある程度です。トイレやシャワールームなどは共用となります。

 

シーズン中(10月~11月、3月~4月)はどのルートも混雑し満室となることが多いです。ロッジ側がすべて相部屋扱いで提供しており、追加料金を支払っても一人一室での利用はできないところがほとんどです。大人数のグループであれば事前予約を受けてくれるロッジもありますが、1~2人の身のための事前予約制度はありません。

 

 

特に混雑期のアンナプルナベースキャンプ方面(チョムロン~アンナプルナベースキャンプ間)や、エベレスト方面タンボチェ以降はシーズン中の一人一室利用はほぼ不可能ですのでご了承ください。

 

客室には薄手の敷布団はあります。掛け布団は混雑時には配給されないことがあります。寝袋を持参し、布団をマット代わりに使用します。

 

温水シャワーを備えているロッジも増えていますが、たいていは有料及び共用となります。標高の高い場所でシャワーを浴びますと、体調を崩しやすくなりますので、シャワーは控えるようお願いしています。

 

 


4.電気・ネット事情

高地では電機が引かれていないところもありますが、太陽光熱発電で補っています。しかし通電エリアは共用スペースに限られ、客室には電気がないこともあります。

 

デジカメの充電は、部屋に電気が通っていてプラグ差込口もあれば無料、ない場合は有料となります。受付にある電源で充電するため、ロッジのスタッフに携帯などを預けなくてはなりません。

 

太陽光発電では、充電できるのは日没後~翌朝日の出前に制限されることが多いです。他にも充電時間が決まっていることがあります。

 

wifiを使用できるロッジが多くなっています。エベレスト方面、アンナプルナベースキャンプ方面は有料、アンナプルナ外周コースのマナンあたりまでは無料で提供するロッジが多いです。 

 

SIMフリー端末をお持ちの場合は、プリペイドSIMカードを利用する方も増えています。使い勝手がよいのはNcell社のSIMです。旅行者でもパスポートと顔写真さえあれば、すぐに&安価で契約できます。空港にも販売カウンターがあります。

 


5.チップ

相場

トレッキング日数、参加人数にもよりますが、目安は次の通りです。

 

 ガイド 1日あたり 800ルピー~

 ポーター 1日あたり 500ルピー~

 

また、トレッキング開始地点まで貸切車を利用した場合は、ドライバーにもチップを渡す習慣があります。

 

 走行時間1時間ほど 片道 500ルピー

 走行時間5時間以上 片道 1000ルピー

 

この額はあくまでも目安です。こちらにトレッキング日数をかけて計算し、切りのよい額をお渡しいただくのが一般的です。

 

1~2名の個人ではなく、グループの場合は、上記額に少し上乗せしていただくのが適当です。

 

道中、予定外の働きをしてくれたときなどは、その都度特別チップをお渡しいただけますと、その後も頑張って働いてくれると思います。

 

通貨は、ネパールルピーですと使い勝手がいいですが、USドル、日本円など、なんでもかまいません。

 

渡すタイミング

トレッキング最後の日にお渡しいただくことが多いです。

 

余談

非常に残念なことなのですが、「日本人はチップをくれない」というのは有名な話で、ルクラなどの現地ポーターたちの間では、「日本人1人のトレッカーには付かない方がいい(チップをもらえないから)」というのは定説になっています。特にシーズン中(10月~11月、3月~4月)には、欧米人グル―プなども次から次へとやってくるため、日本人の少数客についてくれるポーターを探すことが非常に厳しい状況です。

 

「日本にはチップの習慣がないから、渡すタイミングや額がわからず困る人が多い。ヒマラヤンアクティビティーズの利用客は日本人が多いようなので、日本人の気持ちを汲んで、チップ込みのトレッキング費用を設定したらいいのでは?」というご助言をいただくことがあります。まさにおっしゃる通りなのですが、トレッキング時に、直接お客様からもらわないと「チップ」という認識がわかないようなのです。このため、できれば、トレッキング中または最終日に、上記掲載最低額を目安に、チップをお渡しいただければ嬉しく思います。