カトマンズから見える景色

今日のカトマンズ夕景。 明日からまた少しの期間国内移動します。 昨年はコロナ禍にありながら、ネパール国内19の郡を訪問することができました。 今年もまた、この国のすてきな場所探しに、あちこち出かけられるといいな。

カトマンズに昇る朝日、いつもより大きめ。 今日くらいから全国的に天気が崩れはじめ、水曜は雨(標高2500m超えるあたりでは雪)の予報。

カトマンズの空に昨晩12/19のぼり始めたばかりの満月と、一晩明けて日の出前、西の空に沈みそうな月。 どちらもきれい。

今日のカトマンズ夕景。 日が沈んだ後、一直線に染まる赤い山際、その上にうっすら白い層、さらに上の青さの残る空がきれいでした。 写真で見えるかな、金星も輝いています。

今日のカトマンズ夕景。 夕焼けのきれいさはさることながら、程よい風が吹いていたせいか、北に見えるランタン方面7000m前後のヒマラヤがいつもに増してくっきりで美しい。

昨日のカトマンズ夕景。風が吹いていて、夕日に染まるたなびく雲が幻想的でした。 そして夜、ネパールでも見られるふたご座流星群。 でも、半月の明るさと、うっすらかかっている雲であまり良く見られなかったので、今晩に期待。

今日のカトマンズ夕景。 特に代わり映えのない夕日だけど、そんな風景が一番落ち着きます。

今日のカトマンズ夕景。赤く染まる山際、うっすら見える二日月、その上に金星。きれい。 金星、土星、木星他、たくさんの星もきれいに見えています。 (画像は縦長です)

午前中はもやがかり、視界不良のためカトマンズ空港離発着の妨げにもなっていたほどだけど、午後から久しぶりに空が澄み渡り、ランタン方面のヒマラヤがくっきり見えていました。 こちら市内北側で近くの丘が邪魔しますが、「引き」で見られるパタン方面からは大きく見えていたことでしょう。

今日のカトマンズ。 ランタン方面とマナスル方面のヒマラヤが1日中きれいに見えていました。 この10日間で2往復しているラムジュン方面の道中、大きく見えたヒマルチュリ(7893m)。 ここからだと、とんがったてっぺんがちょこっと見えるくらいです。

さらに表示する