チトワンでのジャングルサファリ

 

ヒマラヤの国という印象が強いですが、ネパール南部は海抜200~500m程しかなく、野生動物が生息するジャングルが広がります。

 

カトマンズからのアクセスが便利な「チトワン国立公園」でのジャングルサファリが知られていますが、他にも野生動物保護区に指定され、野生動物と触れ合うことのできる場所がいくつかあります。

 

ただ、チトワンのようにアクセスしやすくなく、現地の宿泊施設も整っておらず、旅行者の受け入れ態勢が十分ではない場所が多いため、ここではチトワンでのアクティビティーズについてご紹介します。

 


旅行者向け宿泊施設がある場所

 

かつて国立公園内にもロッジが数件ありましたが、2012年7月半ばに政府とのリース契約が終了、同年11月にすべてのロッジが国立公園内から撤退しています。現在ロッジがあるのは国立公園の外のみとなり、「ソウラハ」やソウラハ近くの「バグマラ」地区か、「メガウリ」地区になります。 


弊社が手配しているチトワンでのホテル

 

弊社では、中級以上のホテルを手配しています。


動画で見るチトワン

 

チトワン国立公園にいる野生動物は、ときどき街中にも出没します。私も、旅行者街ソウラハのメインストリートで食事をしているとき、野生のサイに遭遇したことがあります。

 

また、筆者は、象使いの取材で一週間ほど密着したことがあり、 従順な象と象使いとの深い愛情に感動したことがありました。

 

その時の動画をどうぞ。